結婚後『親になりたいかどうか』について私なりに考えていること

結婚後『親になりたいかどうか』について私なりに考えていること

結婚したら次は子供だね♪

早く子供作りなさい(^-^)

入籍報告をすると、よくかけられた言葉たちです。

しかし、私たち夫婦は今現在子供が欲しいとは思っていません(^-^)

今回はとても繊細なテーマですが、『親になること』について今現在私たち夫婦が考えていることについてまとめました。

(妻である私の意見が主になります(‘∀’ ))

「こんな風に考えている人もいるんだな」と一意見として見ていただけると幸いです😊

スポンサーリンク
 

今は子供を望まない理由

私たち夫婦は子供はとても好きです😊

それでも今は望んでいない理由についてまとめました。

自分に余裕がないし、自信もない

これは私だけの理由ですが、今自分に余裕も自信もないからというのが1番大きいです。

そんな自分に子を育てるなんていう重大な役を果たせる気がしない…というのが正直な気持ちです。

だから今は自分で決めたことを頑張って自分を成長させたいなと思っています(*^^*)

成長出来た自分が子供についてどう思うのかは今は分かりませんが、それはその時考えようと決めました。

今の生活に満足している

私たちは現在ペット3匹(ハムスター1匹と文鳥2匹)と暮らしいています(‘∀’ )

文鳥を飼い始めました!犬猫飼えない人にオススメのペット!【可愛すぎ】

文鳥を飼い始めました!犬猫飼えない人にオススメのペット!【可愛すぎ】

2020年3月16日

同棲カップルでハムスターを飼ったよ♪大変だったことや注意点まとめ

2019年10月15日

そしてそれぞれの趣味やお出かけなど、1人や2人の時間を楽しんでいます♪

今はこの暮らしでとても満たされているというのも理由の1つです。

今の生活のまま永遠に過ごしていたいかと言われるとそれは分かりませんが、お互いに気軽にチャレンジが出来る環境もとても魅力的だと思っています。

やりたいことに熱中する人生も素敵だし、子供と素敵な家庭を築くのも幸せだなと感じます♪

なので今はこのままの状態で生活を続けていこうと思っています(^-^)

そもそも望んでも授かれるかは分からない

今赤ちゃんを授かりたいという気持ちはありませんが、やっぱり自分の家族が増えるというのはすごくいいな〜と思います☺️

しかし、もし将来赤ちゃんに来て欲しいと思っても、体のことなのでこればかりは思う通りにいくとは限らないということも分かっています。

子供を授かりたいと思っても、なかなか出来ない…となったらとても辛いだろうなという想像は難しくありません。

なので体力もある若いうちに妊活を始めた方がいいという意見にも心を揺さぶられたりしました😥

でも私たちの場合は、今気持ちの面で追いついていないのでマイペースを貫こうということになりました。

将来子供が欲しいと思うのかどうか今は分かりませんが、そもそも出来にくい体質という可能性があるかもしれないので、どちらにしても早めに2人とも検査だけは受けておこうと思っています。

将来のことを考える上でも自分の体のことを知っておくことは大切だなぁと感じました。

今後は考えが変わるかもしれない

今の気持ちをまとめてきましたが、将来自分がどう思うかは自分でも正直分かりません。

とにかく今は自分自身を成長させるために、毎日を丁寧に生きることが目標です(*^^*)

タイムリミットのあることではありますが、無理に今決めず、将来の自分に任せようと思います。

お互いの考えを知ることはとても大切

私たち夫婦はお互い「今すぐは望まないし、将来は分からない」という同じ考えを持っていました。

私たちの場合は、夫婦2人の生活があっての子供という考えだったので、もしどちらかが子供を授かれない体質だったとしても結婚は迷わずしていました😊

ですが、もし考えが違っていたらそれは人生に関わる重大な問題ですよね。

きっと何度も何度も話し合って2人で答えを出していくしかないのだと思います。

私たちが初めて子供について話したのは、確か何気ない日常会話でしたが、さらっと話しただけでは本心まで分かりませんでした。

でも意外と話す機会ってないんですよね(^^;;

大切な人なだけに勇気のいることですが、しっかりと話し合うことが大切だなと感じています。

どちらを選んでも前向きに生きる自分でありたい

学生時代はタブーとされてきた妊娠が、結婚して環境が整うとおめでたいことに変わるのがなんだか不思議な感覚です。

改めて考えると、自分のお腹に自分ではない人間の命が宿ると思うと本当に神秘的です。

その命が自分と自分の愛する人から作られていると思うと本当に素敵な存在だな〜と思っています☺️

と、同時に1人の人を産み育てるという責任の重さをとても感じます。

子供がいる人生もいない人生もどちらも魅力的ですが、どちらを選ぶにしても家族と幸せになるように努力している自分でありたいなと思います♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。